私たちは「高炉セメントのパイオニア」としてより豊かな社会に貢献します。

日鉄住金高炉セメント株式会社

使用および施工に際しての注意点

  • コンクリート配合設計の際、同一スランプを得るための単位水量の目安として、普通ポルトランドセメントと比較して、高炉セメントA種は同等、高炉セメントB種は1〜2%、高炉セメントC種は2〜3%、それぞれ小さくしてください。
  • 高炉セメントB種、低熱高炉セメントB種及び高炉セメントC種は、初期強度が低いため、普通ポルトランドセメントよりも所要の養生期間が長くなります。特に低温時は、強度発現が遅れるので、養生期間を延長するとともに入念な養生が求められます。
  • 化学混和剤や膨張材などの混和材料は、普通ポルトランドセメントと同様に使用できます。ただし、配合によって適正使用量が異なります。
  • 高炉セメントを使用したコンクリートの表面が初期材齢において青緑色になることがあります。これは高炉スラグの中に含まれる微量の鉄分の影響によるもので、コンクリートの品質には全く問題ありません。この色は、コンクリートの表面が空気に触れることによって次第に薄れていきます。
  • 高炉セメントを地盤改良工事に使用する場合、条件によっては改良土の六価クロム溶出量が土壌環境基準を超える可能性がありますので、必ず事前の試験にて改良土からの六価クロム溶出量が土壌環境基準以下であることを確認された上でご使用下さい。

取扱い上の注意

  • ご使用になる前には、必ず製品安全データシート(SDS)をお読みください。
  • 作業時には、適切な保護具(手袋、保護メガネ、防塵マスク等)をご着用ください。
  • 水や汗などの水分と接触すると強いアルカリ性となり、皮膚、目、口、呼吸器等を刺激したり粘膜等の燃焼を起こす場合があります。万一、目や耳に入ったり、皮膚についた場合は、速やかに水で洗浄し、専門医の診察を受けてください。
  • また、誤って飲み込んでしまった場合は、速やかに新鮮な空気の場所へ移動し、水で口をすすぎ、専門医の診察を受けてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ
企業情報 製品・サービス SL事業 石灰事業 採用情報