私たちは「高炉セメントのパイオニア」としてより豊かな社会に貢献します。

日鉄住金高炉セメント株式会社

特長

 新日鐵高炉セメントは高炉スラグの働きにより普通ポルトランドセメントを比較して次のような優れた特性を持っています。

 

1.CO2削減等の環境負荷低減効率が大きい
 高炉セメントは高炉スラグ微粉末(エスメント)を混合していますので、普通ポルトランドセメントに比べて、セメントを製造する際の石灰石使用量を削減でき、その脱炭酸や焼成用エネルギーに起因する炭酸ガスを削減できます。エスメントは、焼成の必要がないため、高炉スラグの分量が多い高炉セメントほど炭酸ガスの排出量を低減できます。

 

2.強度がよくのびる
 高炉スラグの潜在水硬性により長期にわたって強度が増進し、普通ポルトランドセメントを凌ぐ強度を発揮します。

 

3.発熱が少ない
 高炉スラグの水和反応に伴う発熱量は、クリンカーに比べて少ないため、高炉セメントの水和熱は普通ポルトランドセメントよりも少なく、スラグの分量が多いほど水和熱は少なくなります。

 

4.耐久性が向上する
 高炉スラグの水和特性によって緻密で強固な硬化体をつくります。その硬化体は塩分の遮へい性、水密性、化学抵抗性に優れています。コンクリート構造物の劣化現象であるアルカリシリカ反応や塩害の対策として非常に有効で、構造物の耐久性向上のためにその使用が推奨されています。

種類

充実のラインナップで多様なニーズに応え、高炉スラグの特性を生かした製品づくりに努めています。

商品名

日本工業規格 JIS R5211

特長

種類

スラグの分量

新日鐵高炉セメントA種

高炉セメント
A種

5%を超え

30%以下

高炉セメントの中では最も普通ポルトランドセメントに近い特性を有し、普通ポルトランドセメントとほぼ同様に使用されます。
新日鐵高炉セメントB種

高炉セメント
B種

30%を超え60%以下

最も多く利用されている代表的な高炉セメントで、土木構造物や建築物に幅広く使用されます。アルカリシリカ反応の抑制、塩分の遮へい性、水密性に優れ、コンクリート構造物の耐久性向上に貢献します。
新日鐵低熱高炉セメントB種

高炉セメント
B種

30%を超え60%以下

高炉セメントB種より水和熱を低減したマスコンクリート用の高炉セメントB種です。大規模な水路構造物や橋梁下部工、LNGタンクなどに使用され、温度ひび割れの低減に効果を発揮します。
新日鐵ダム用高炉セメントB種

高炉セメント
B種

30%を超え60%以下

ダム用コンクリートに品質を調整した低発熱の高炉セメントです。これまでに130を超えるダムに使用されています。
新日鐵高炉セメントC種

高炉セメント
C種

60%を超え70%以下

化学抵抗性や耐海水性に優れ、海水や下水などの作用を受ける施設や地中のコンクリートに適しています。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
企業情報 製品・サービス SL事業 石灰事業 採用情報