私たちは「高炉セメントのパイオニア」としてより豊かな社会に貢献します。

日鉄住金高炉セメント株式会社

沿革

明治43年

(1910年)

官営八幡製鐵所において、セメント試験製造開始
(日本における高炉セメント発祥の地)

昭和25年

(1950年)

八幡製鐵叶ン立
八幡製鐵株ェ幡製鐵所にてセメント製造を行う

昭和31年

(1956年)

八幡製鐵鰍フセメント・化成部門が独立し、八幡化学工業叶ン立

昭和33年

(1958年)

戸畑製造所セメント工場設置
(水砕スラグ乾燥機、仕上ミル、包装出荷設備操業開始。1号湿式キルン運転開始)

昭和36年

(1961年)

2号湿式キルン運転開始

昭和45年

(1970年)

新日本製鐵株ュ足に伴い、八幡化学工業鰍ゥら新日本製鉄化学工業鰍ヨ社名変更

昭和46年

(1971年)

仕上ミル増設および1号キルンをSP型に改造

昭和49年

(1974年)

2号キルンをNSP型に改造

昭和59年

(1984年)

新日本製鉄化学工業鰍ゥら新日鐵化学鰍ヨ社名変更

平成11年

(1999年)

新日鐵化学鰍ゥらセメント部門が独立し、新日鐵高炉セメント叶ン立

平成14年

(2002年)

ISO9001:2000「品質マネジメントシステム」認定取得

平成19年

(2007年)

ISO14001:2004「環境マネジメントシステム」認定取得

平成22年

(2010年)

日本における高炉セメント製造開始から100年

平成24年

(2012年)

八幡生コン工業鰍子会社化

平成24年

(2012年)

新日鐵住金株ュ足に伴い、新日鐵高炉セメント鰍ゥら、
日鉄住金高炉セメント鰍ノ社名変更

平成26年

(2014年)

日鉄住金リコテック梶A日鉄住金テックスエンジ鰍フ石灰事業を統合


ホーム RSS購読 サイトマップ
企業情報 製品・サービス SL事業 石灰事業 採用情報