当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
ホーム > 環境事業 > 取扱廃棄物

環境事業

取扱廃棄物

産業廃棄物処理に貢献

高炉セメントは、普通ポルトランドセメントを55%配合しています。セメント製造工程において、セメントクリンカ原料として産業廃棄物(石炭灰、各種汚泥類)を適切に処理して利用し、再資源化しています。

産業廃棄物中間処理 保管施設

許可業者 名称、代表者 日鉄高炉セメント株式会社
代表取締役 江頭 秀起
本社所在地 北九州市小倉北区西港町16番地
施設の設置場所 同上
施設責任者名 星野 清 TEL 093(563)5101
産業廃棄物の種類
セメント原料化 燃え殻、ガラスくず(自動車等破砕物を除く。)、鉱さい、がれき類、ダスト類
乾燥 汚泥
焼却 汚泥、廃酸、廃アルカリ、紙くず、木くず、繊維くず、廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)
破砕 廃プラスチック類(自動車等破砕物を除く。)
最大保管高さ 6.5m
最大保管量 13,509㎡
許可番号 第07620059935号
許可期限 平成26年4月13日~平成31年4月12日

汚染土壌処理施設

許可番号 第1490100003号
名称 日鉄高炉セメント株式会社
代表取締役 江頭 秀起
連絡先 北九州市小倉北区西港町16番地
管理責任者:星野 清
TEL:093-563-5101
施設の種類 セメント製造施設
処理する汚染土壌の
特定有害物質による汚染状態

①特定有害物質
第二種特定有害物質(シアンと水銀を除く)

②汚染状態
濃度の上限はなし

Copyright © NIPPON STEEL BLAST FURNACE SLAG CEMENT CO.,LTD