当サイトを最適な状態で閲覧していただくにはブラウザのJavaScriptを有効にしてご利用下さい。
JavaScriptを無効のままご覧いただいた場合には一部機能がご利用頂けない場合や正しい情報を取得できない場合がございます。
ホーム > トピックス > 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)グリーンイノベーション基金事業「CO2を用いたコンクリート等製造技術開発」への参加

トピックス

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)グリーンイノベーション基金事業「CO2を用いたコンクリート等製造技術開発」への参加

グリーンイノベーション基金事業とは、2050年の「カーボンニュートラル」の実現に向け、官民で野心的かつ具体的な目標を共有し、NEDOに創設された2兆円規模の基金から、企業等の取り組みに対して10年間の継続的な支援が行われる事業です。

当社は、鹿島建設株式会社、株式会社竹中工務店、デンカ株式会社を幹事会社とするコンソーシアム(民間企業44社、10大学、1研究機関)に参加し、2030年までにカーボンネガティブコンクリート※のCO2排出量の削減やCO2固定量の増大を図る技術確立に取り組みます。

※材料・施工技術等によりCO2排出量がマイナスとなるコンクリート

  • 高炉セメントと環境保護
  • カタログダウンロード
  • セメント製品 安全データシート(SDS)請求フォーム
  • 建材製品 安全データシート(SDS)請求フォーム

Copyright © NIPPON STEEL BLAST FURNACE SLAG CEMENT CO.,LTD